日記

イケメンすぎて苦労するというのは一般人も俳優も同じ

イケメンというのは悩みがなさそうに思われやすいようですが、実際はそうでもなく苦労話が絶えないんだとか。

イケメンの苦労

イケメンの悩みごとランキングなるものを作るとすれば、次のようなものになると思います。

  • 同性に妬まれる
  • 綺麗すぎていろいろな人に凝視され視線恐怖症になる
  • 付き合った女性が妬みによるイジメにあう事があるため異性と長期間付き合う事ができない
  • 俳優の場合は妬まれてキャスティングされにくい
  • 女に見られて妙な視線を感じる

私個人が考えたことや、実際に聞いた事がある話をミックスしてランキングを考えたら上記のようなリストになりました。

俳優の場合本当のイケメンはキャスティングされにくい

これ、実際に海外のハリウッド俳優さんが言っているのを聞いた事があります。

イケメンすぎるとキャスティングされにくく、役がなかなかこないんだとか。

男性俳優だけでなく美人過ぎる女優さんなんかも同様の事を言っています。

キャスティングされにくい理由として考えられるのは、

  • 綺麗すぎて妬まれる
  • 美形すぎるとリアリティーがないため役が限定的になる
  • 顔が整い過ぎていると人の印象に残りにくい

キャスティングする人が同性の場合だと妬まれて役をもらえないケースがありそうな気がします。

あと、イケメンや美人とされている人の典型的な顔っていわゆる黄金率でパーツが構成されているので、印象に残りにくいという事を聞いた事があります。

美形とされる顔はすべてのパーツが平均値なので多くの人が「美しい」と感じるようなんですが、特徴がないので印象に残らないそうです。

「美形顔」の似顔絵が書きにくいのは突出した個性がないからみたいですよ。

綺麗と感じるけれども個性がなく顔を覚えてもらいにくいのもイケメンや美人の悩みかもしれませんね。
俳優の場合だとキャスティングする側が個性を求めることがあるでしょうから、このような点で役がまわってこない事があるかもしれません。

ある美人ハリウッド女優さんは美形顔がどのような印象を与えるのかを理解しており、オーディションにわざと綺麗に整えていかないと言っていました。

海外のイケメン俳優

こんな風に映画やドラマにもキャスティングされにくい稀少種のイケメン。

俳優の場合本当のイケメンっていうより雰囲気イケメンの割合が多いような気もしますが、時々「かっこいいなあ」と思うような人を見かけます。

映画や学園ドラマとかで結構いい感じの若手俳優が出演しているのを見ると継続してシリーズを見るきっかけになったりすることが。やっぱり若手の美男美女が出ていると画面が華やかですし。

海外の俳優さんだと幼少期~20代がピークでその後は見た目が変わってしまう場合があるように思います。

けれども
たとえ美しい期間が短いものであったとしてもスクリーンの中では永久に輝く姿を見る事ができます。

海外のイケメン俳優一覧

勝手な独断と偏見でイケメン俳優一覧なるものを作ってみました。いずれも現在若手か、かつて若手だった頃限定という事で。

アシュトン・カッチャー
チェイス・クロフォード
ブラッド・ピット
ロブ・ロウ
タイラー・ブラックバーン
ジョシュ・ハートネット
ヘイデン・クリステンセン
ザック・エフロン
イ・ミンホ

上記の俳優さんのなかには年齢を重ねて美形イケメンというより味が出てきて性格俳優になっている人もいます。
B級路線に変わってしまっている場合も。ロブ・ロウとか若い頃はスゴくかっこよかったんですけど。そういえばロブ・ロウの若い時はチェイス・クロフォードに似ていたような。

イケメンといえばこの人!という存在だったブラピもいまでは完璧なイケメン路線ではないような気がします。

現在若くて綺麗な俳優さんは、今の美しい姿をずっと見ていたいように思いますが、無理なお願いでしょうか。

こんな風に「ずっと綺麗でいてほしい」とか勝手に色々期待されるのはイケメンさんにとっては迷惑で心理的に負担を感じることかもしれませんね。

最後に

美形も年齢とともに印象が変化します
イケメンで悩んでいる人も年とともに悩みが解決するかもしれませんね。

シェアする