健康栄養学

頭が良くなるには?

今日、自宅にある本棚を何気なく見ていたら「マンガでわかる人体のしくみ」という本が目に留まりました。
ぱらぱらとめくって見てみると「頭がよくなる秘訣とは?」というページが。

頭がよくなる秘策

この本によると、次の栄養素を摂取すると頭の活動がよくなるかも・・と書いてありました。

 

頭がよくなる食物

魚:

魚に含まれるDHAが記憶をつかさどる海馬に多く含まれている。DHAが不足すると脳の活動は低下。補給すると回復する事がわかっている。

 

血流をよくする

脳は体と同様血流がよくなるとよく働くそうなので、適度な運動も必要です。

そして頭は日頃から意識して使う事が大事で、使えば使うほど発達するとのこと。例えば、人とコミュニケーションをとるように気を付けるだけでも働きが違ってくるようです。

人としゃべる時というのは、相手の言葉を理解しようとしたり、自分の言いたい事を伝えようとする作業が必要なので、その際にいろいろ考えるのがよいのでしょうね。

 

外国語の勉強は頭に良い

外国語の勉強というのも非常に脳にとっては良いらしく認知症の予防にもなると以前何かの記事で読んだ事があります。

外国語を使ってなるべくいろいろな人とコミュニケーションを取るようにすると、脳にとっては最高のエキソサイズに。

 

人とコミュニケーションを取る事

私の場合、一人で過ごすのがわりと好きな方なので、脳にとってはあまり良いとはいえない生活をしているかもしれません。外国語の学習は好きなのですが、どちらかというと人とコミュニケーションを取るというよりもくもくと参考書を読んだりしているタイプ。

将来を考えるともうすこし気を付けて人と会話するようにしたほうがいいのかもしれません!

シェアする