映画ドラマ日記

超豪華「花戦さ」は世界初!のいけばなをメインに扱った映画

豪華キャストと美しいいけばなに魅了される映画「花戦さ」を昨日見に行きました。

映画「花戦さ」について

「花戦さ」には日本の伝統芸能の第一人者や映画界を代表する俳優が出演。

 

キャスト

野村萬斎
市川猿之助
中井貴一
佐々木蔵之介
佐藤浩市
高橋克実
山内圭哉
和田正人
森川葵
吉田栄作
竹下景子

「花戦さ」のあらすじ

ネタバレしてはいけませんので簡単な見どころを。

  • 戦国時代が舞台となっている
  • 池坊専好、千利休、織田信長、豊臣秀吉、前田利家の関係性が描かれている
  • 美しいいけばなと茶の融合
  • 笑いあり、涙ありのストーリー展開

詳しい内容はこちらからどうぞ
>>「花戦さ」ホームページ

 

「花戦さ」を見に行った理由

「花戦さ」を選んだのは旦那さまの「何かいつもと違う事がしたい」という一言がきっかけです。
その後

  • 普段は洋画ばかりみているので全く違うジャンルの映画を見よう
  • 舞台挨拶もトライしてみよう

という話の流れに。

 

生まれて初めて見た舞台挨拶の感想

野村萬斎さん

「あぐり」と「陰陽師」を見て、以前より好きだったのですがますますファンに。
萬斎さんの飄々とした独特の空気感、間の取り方や存在感は唯一無二のものだと感じます。
伝統芸能の方だけあって、何より姿勢が美しい。
特に首筋から肩にかけてが綺麗で、上半身がぶれない所に品性が感じられます。

 

中井貴一さん

舞台挨拶では「出演部分が少ないのでよく見てください」とのことでしたが、
全編通して出演しているかのような存在感!
さすがです!

 

佐々木蔵之介さん

結婚したい男性として人気の佐々木蔵之介さん。背が高くて京都弁が素敵でした!

 

佐藤浩市さん

寡黙な雰囲気でお声も渋く、まさに利休役にぴったりでした。

 

山内圭哉さん

端正なルックスに反し関西弁なところに親近感がわきました。

 

和田正人さん

ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」に出演されていた俳優さん。
今回の舞台挨拶で「花戦さ」の事を”和製アベンジャーズ”に例える等、トークが上手で驚きました。
舞台で見て身長がどのくらいか気になり調べてみたら、172cmとの事。

 

森川葵さん

瞳が美しく、スクリーンの中で輝くタイプの女優さんだと感じました。
舞台挨拶で一生懸命しゃべっている姿は、正に「かわいい」の一言。

 

篠原哲雄監督

とても謙虚に映画の事を説明されていたのが印象的でした。
5:10-の舞台挨拶では市川猿之助さんと吉田栄作さんが見れないのが残念でした!

 

最後に

舞台挨拶を見る事により、映画が2-3倍面白く感じる事ができました!
「普段と違う事をすると脳が活性化する」と最近よく言われているように、私の脳も「花戦さ」で活性化?したかもしれません。

シェアする