栄養学

記憶力向上に必要な栄養素って?心当たりアリアリの不足栄養素

最近なんだか記憶力に自信がない私。

なんとかしなければと思って読んでいるのが脳を配線し直す方法が書かれている本。

脳機能と栄養素

今読んでいる本は「Rewire Your Brain」という洋書です。

この本には脳をRewire=配線し直す為の方法が様々なアプローチで書かれています。

そのなかでも気になったのが栄養に関する記載。

重要な栄養素

書かれている内容で気になったのは次のような事。

日中短期記憶や心の鋭敏さを保つには朝食や昼食に比較的タンパク質を多く摂取するのが良いー

例えば、

acetylcholine アセチルコリン
norepinephrine ノルエピネフリン・ノルアドレナリン
dopamine ドーパミン

等のニューロトランスミッターを活性化するアミノ酸を含む食べ物を摂取するといったこと。

アミノ酸

特定のアミノ酸は神経伝達物質ニューロトランスミッターの極めて重要な基礎的要素だそう。

本のなかでは、いくつかのアミノ酸や関連する神経伝達物質と食品群がリストアップされていました。

ビタミン&ミネラル

脳機能に重要なビタミンやミネラルに関しても様々な事が記載されていたのですが、そのなかでも気になったのがナイアシンについて。

というのも

ナイアシンが不足で起こる症状として、

頭痛
不眠

がリストアップされていたからです。

これって私が最近、悩まされている症状なんですよ。

ちなみにナイアシンが含まれている食品は次の通り。

チキン
七面鳥
キングサーモン
小麦全粒パン
ピーナッツ
レンズ豆

七面鳥って ..ちょっと日本では手に入りにくいですねえ。

海外の栄養学関連の本について

海外の栄養学関連の本では日本では馴染みがない食品が紹介されていて、何それ?っていうものが多いです。

血液型ダイエット

血液型ダイエットの本では私の血液型であるAB型に最も適したタンパク質がラム、マトン、うさぎ、七面鳥と「ラムやマトンはまだしも、うさぎとか日本ではなかなか手に入らん!」みたいな感じだったり。

ナイアシン不足

まあ、ナイアシン不足を補うのに七面鳥は無理だとしても、他の食品群で補充すればよいわけなんですけれども。

ナイアシン不足といえば、その他に皮膚炎や神経症害、不安症が起こることが知られています。

ペラグラ症

南米地域で発生率が高い「ペラグラ症」というのはナイアシンの欠乏症でおこります。
症状としては、めまいや神経症害、頭痛などなんですが、これはトリプトファンを含まないとうもろこしを主食としていることが原因とされています。

最後に

栄養素というのは複合的な観点から見なければならないので特定の栄養素だけででなく全体を考えるべきなんですけれども、私の場合、頭痛や不眠があり皮膚の炎症も起こしやすいのでナイアシンの不足には注意が必要かもしれません。

シェアする