糖質制限健康栄養学ダイエット美容アレルギー

「湿疹に注意」糖質制限、ファスティング、ダイエットで色素性痒疹に?

糖質制限、ファスティング、ダイエットを実践していて湿疹ができた場合、注意が必要です。
それはもしかすると「色素性痒疹」という皮膚疾患かもしれません。

色素性痒疹について

色素性痒疹(しきそせいようしん)prurigo pigmentosaは、若い女性に起こる事が多いとされている皮膚疾患です。

 

症状は?

痒い紅色の湿疹ができます。発疹が消えた後に網状の色素沈着を起こします。
繰り返すと色素沈着が強くなっていきます。

原因は?

高ケトンとの関係があると言われており、糖尿病、ファスティング、糖質制限、無理なダイエットが起因すると考えられています。

治療は?

抗生物質(ミノマイシンの内服)
対処療法としてヒスタミン薬

ステロイドは効かないと言われています。

 

対処法

糖質制限等が起因したケトンによりこの症状が人によって起こる事があります。
ダイエットや糖質制限を中止し糖質の摂取量を増やすとおさまる人が多いようです。

海外でも悩みの声が

海外ではketo rash 呼ばれる事もあり、どうやったら改善するかというクチコミが糖質制限をしている人々中心に集まったサイト等もあります。

海外のサイトhttps://www.dietdoctor.com/keto-rash-people-itch-low-carb

こちらには皮膚の状態の写真なんかもあります。http://bjjcaveman.com/2013/05/09/prurigo-pigmentosa-a-ketosis-associated-rash/

 

皮膚科医が誤診する事も

皮膚科医がこの症状について知らない場合、誤診される恐れがあります。その場合効果がない治療をされてしまう場合がありますので診察眼があるドクターを探す事が重要。

最後に

この皮膚疾患は非常に痒く、首、胸元、背中と、女性にとっては一番大切とも言える場所に症状がでる事が多いです。
また茶色く色素沈着する恐れがあるので注意が必要です。

もしファスティング、糖質制限、ダイエット等で上記のようなかゆい湿疹が出た場合は一旦その食事方法を中止し、よくならない場合は、皮膚科医に相談した方が良いと思います。

「デトックスでなっている」や好転反応だと思い更に食事制限を続けケトン体が出続けると「色素性痒疹」の場合悪化するかもしれません。
特に女性の場合、色素沈着する事は避けたいところだと思いますので、早目に対処する事がポイントです。

糖質制限や食事制限を行うとアトピー等のアレルギー症状が改善したり、体重が減って体調がよくなる人も多いですが、まれにこのような皮膚疾患が人によって起こる事があります。

シェアする