日記

城田優さんの贅沢な悩み

城田優さんが濃い顔立ちの為コンプレックスを持っていたという記事を見ました。

城田優さん

城田優さんは日本人とスペイン人のハーフだそうで、非常に整ったお顔をしていると思います。ファイナルファンタジーなんかに出てきそうな嘘みたいに整った恵まれたルックス。

それなのにご本人はこのようなルックスをコンプレックスに思っていたんですねえ。なんでも「顔が濃すぎる」というのでオーディションに落ち続けたそうです。

城田さんの場合、日本人受けを考えるよりハリウッドなんかのほうがルックス的には適している人のような気がします。語学力がどのぐらいあるのかわからないのですが。

性格

整った外見のせいか城田さんの場合近寄りがたそうに見えます。出演している番組を見るとニコニコしていてもなんだか心の壁のような物を感じるのは私だけでしょうか?

城田さんは内面から優しさが滲み出てくるような甘い雰囲気があれば間違いなく日本だけでなく世界中で大人気でしょう。

ご本人やファンの方におこられそうな意見ですが、本当にそう思うんです。

日本では確かに大変だったかも

城田優さんの顔って日本人要素が少なすぎると思うので印象としては欧米人に近いと思う方が多いと思います。そういう点では子供時代はかなり浮いた存在だったのではないでしょうか?

子供って自分と違うルックスの人をイジメの対象にしたりする事がありますし。イケメンすぎて妬みの対象になったりという事もありそう。

イケメンは想像以上に苦労するらしい

ハーフでイケメンの場合

ハーフでイケメンの場合はできるだけ都会の外国人が多いエリアで育った方が人気者になれそうな気がします。外国人馴れしていないような住人が多い場所で育つと場合によっては大変かも。

ルックスは外国人、内面は日本育ちで日本人的な要素が多く親の影響で外国の考えも持っている場合、アイデンティティの問題が生じる事もあります。

アイデンティティ

子供時代の経験は人格形成に非常に影響すると思います。

本人に適した環境で育たなければ、すごく恵まれた素養を持って生まれたにもかかわらずアイデンティティ喪失になりかねないような気がします。そうなったら本当にもったいない!

普通の人以上に恵まれたルックスをコンプレックスに感じるような環境って本当に損。ひねくれる可能性だってあります。

逆にうまく適した環境や条件で育てば自信が付きプラスになることが考えられます。

逆境の中育った場合その経験を大人になってプラス方向に昇華できれば良いんですが。

感想

城田優さんの場合、芸能界で活躍しているので現在は適した場所で才能を発揮しているようですね。舞台をやっているようですが、舞台映えするルックスだと思うので頑張ってほしいです。

シェアする