スピリチュアル

スナフキンのように物を持たない暮らしを真剣に考えた

最近我が家は物であふれています。

それで思ったんです。スナフキンのように極力物を持たない暮らしがしたいなと。

スナフキンは究極のミニマリスト

ムーミンに登場するキャラクターであるスナフキンは実は究極のミニマリストです。今流行りの言葉で表現すると「断捨離」の達人とでもいいましょうか。

スナフキンは物を持たないで、ほしい物は頭の中に記憶しておくのです。そうすると旅に出るときでもスーツケースを持つ必要がなく両手が自由に使えることができるからなんです。

物が増えすぎると心がすっきりしない

物をあまり持たないとフットワークが軽くなります。

これは、旅行なんかに行くとよくわかります。
スーツケースひとつしかなくても生活って案外成り立つものだなと感じたり。むしろ気持ちが軽やかになって新しい発想がわいてきたり。

旅行以外に引っ越しを行った時なども身軽に感じる事があります。
たくさんのいらない物を処分し、新しい家に最小限の荷物を持って移動した時なんだか新しく生まれ変われるようなとてもすっきりした気持ちになることがあります。

ところが、その後大量の荷物が届くことによってドッと疲れてしまう。いっその事荷物はすべて捨ててきたほうがよかったかもと思う瞬間です。

物が多いことによる問題点

物が増えすぎると次のような問題が起こってきます。

  • 収納する為のスペースが必要になる
  • 掃除が大変
  • 物が捜しにくくなる
  • 健康に影響する

少し考えただけでもこれだけの事が思い浮かびます。

物が多すぎるとホコリがたまりやすくなって健康に影響があるかもしれず、掃除が大変になります。あと、あの本どこにあったけ?とかあの化粧品はどこにしまったっけ?とか物の場所がわからなくなったり。 そして一番問題なのは余計な出費がかさむこと!

物を収納するための収納アイテムを購入したり、あげくのはてには物の量に合わせてもっと広い家を購入するとか。

住宅は導線がよくてすっきりしているのが良い

私は転勤族なのでとても狭いマンションから海外のすごく広い家までいろいろな広さの住宅に住んだことがあります。

それで思ったのは住宅は広ければ良いというものではないということです。

人というのは案外同じ場所で過ごす事が多くたくさんの部屋があっても使っている場所はお気に入りの一部屋だけだったりするものです。 それに広いとそれだけ掃除が大変だったりもします。

物の量に合わせて広いところに移り住んだら掃除量が増えてかえって大変になったりすることも。

なので個人的には大豪邸ではなくとも動線がよく、すっきりと整理整頓された家に住みたいなと思います。

と、理想はすっきりした家に住む事なんですが…….

最近の我が家は物があふれておる!!!

年齢とともになんだか片付けるのがおっくうで、捨てるべきものがあるのに先伸ばしにしてしまっている感じになっているんです。

それで冒頭で書いたようにスナフキンのような身軽なミニマリストになりたい!と強く思いまして。

特に眠れない夜などは、やっぱりスナフキンのように物を持たないほうが心が軽くなるよねとぼーっと考えたりしています。

捨てれない理由

捨てようとして物を捨てれない理由としては
「いつか使うかも」
「高かったから」
「思い出がつまっているから」
というのがあります。

けれでも、このままではいつまでたっても捨てることができないので思いきって今の状態を絶ちきらねばと思います。

最後に

風水的にも不要なものが溜まったところにはエネルギーが停滞すると言われているようなので、頑張って重い腰をあげて断捨離に取り組んでいきたいなと。

そしてスナフキンのように自由な心を持って生活がしたい!

こうやってブログに書くことがきっかけとなって少しでも断捨離が進むと良いんですが。

シェアする